てんかんママの子育て奮闘記

てんかんになって30年…

病気は私の生きた証



プロフィール  カテゴリー  コメント  アーカイブ  リンク  その他
Date 2018.07.21 Saturday...
Title スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- -
Date 2018.07.21 Saturday...14:45
Title てんかん 妊娠
以前も書きましたが…

私が長男を妊娠したのは今から31年ほど前の事でした

自分の病気など気にもとめなかったのは

当人くらいだったでしょう

全く脳天気な女である

もしや妊娠?

ドキドキして病院に行った事は

今も鮮明に覚えている

嬉しさしかなかった

私の場合バカだから幸か不幸か嬉しさ『しか』なかったのだ(苦笑)

だから妊娠とわかった時素直に喜びました

バカな私にとて妊娠を伝えなければならない事くらいはわかります

当時通院していた医師にそれを伝えたところ

我が子のように一緒に喜んでくださいました

てんかんを抱えた女性の妊娠

子供を授かるって素晴らしい事だと私は思います

病気なんて関係ないと思います


- comments(0)
Date 2018.07.15 Sunday...05:50
Title てんかんはキャラ
先日 娘と一緒に市役所に出かけたてんかんママ

最近は頻繁に発作起きるから

1人でお出かけ出来ないんです(ノ△T)

発作自体は軽いんですが…

もし発作が起きたら周りの人が驚くし

やはり視線が気になってしまうのは事実

てんかんって厄介な病気だとは思います(苦笑)

こんなに付き合っててもいまだに視線が気になるのは事実なんですから

てんかんである事を隠して生きてきたてんかんママ

多分 それは間違った生き方だったのでしょう

子どもの頃からてんかんだとオープンにして生きていたら?

てんかんは恥じる事などない

自分自身のキャラ

自分に与えられた特権

そう受け止められたはずです



- comments(0)
Date 2018.07.13 Friday...09:03
Title てんかんで良かった
先日 娘と共に病院に行って来たてんかんママ

もちろん返品先の病院です(威張り)

以前かかってたところなんですがね

先生のお顔が『恵比寿さん』みたいで(ニッコリ)

まん丸で…

別にこの先生に不服はないんですよ

ただ交通の便が悪かっただけの話しなんです(∋_∈)

『他に何かありますか?』

って聞かれた時

『私の病気っていったい何なんですか?

カルテには何て書いてるんですか?』

カルテを寄越せ!

とばかりの勢いで聞き返すてんかんママ

この女怖いです

『貴女はてんかんですよ(ニッコリ)』

その言葉にホッと一安心する

てんかんだと聞いて安心したのはこの時くらいだろう

それほど『貴女はてんかんじゃない可能性がある』という言葉に憤りを感じていたのである

長年自分を診てくれた医師の診断を否定された事は

てんかんママにとって許し難い言葉であったのだ

この気性の激しさは持って生まれた性格のせいか?
はたまたてんかん特有の気質によるものか?
いまだに私にはわかりません


『もう お母さんいい加減にしなよー』

娘に言われながらも

『やっぱお母さんの言い分間違ってなかったやろ?』

私は『今回は』間違った事してないからね!

娘に訴えるてんかんママであった




- comments(0)
Date 2018.06.29 Friday...01:19
Title てんかんママは返品女



発症してから1年経ち

『前頭葉てんかん』

と診断されたてんかんママ…

ふむふむあたしゃそういうへんてこりんな病気なのねっ☆

のんきに生きて43の時静岡てんかんセンターにて

『側頭葉てんかん』

と診断されたてんかんママ…

どうやら前頭葉と側頭葉のビミョーな部分らしいのだ

と説明を受けた

が…

先日『○○で検査入院をしろ』と薦められ

それを断ったところ

『貴女はてんかんじゃない可能性がある』

と言われてしまったのだ( ̄○ ̄;)

しかもたった2回診察を受けただけの先生に(プッ)

いゃそれないっしょ

今までの薬は何だったの?謎

てんかん特有の喜怒哀楽のせいだろうか…

病気のせいにするいい加減な人

カッとなり先生に食ってかかるてんかんママ

それからが大変です

やらかしてしまった( ̄○ ̄;)

てんかんママが思った時にはもう遅かった…

あのー

検査入院を断った女は返品ですかぁ?

違うかと(苦笑)

『今回はお母さん悪くないからね(泣)』

子供に報告しながらもまた転院かよ

ため息をつくてんかんママだった




病気 comments(0)
Date 2014.07.27 Sunday...12:14
Title 子供に病気を話さない親


『てんかんのすべてがわかる本』より抜粋しながら

ばついち女の意見を述べてみたいと思います


子育てにおける上で一番重要なポイントを3つ

その

子供に病気の事を話さない親

これ私自身がそうだったんです

自分が『てんかん』だと知ったのがいつだったかすら覚えていないばついち女(トホホ)

『精神運動発作』

ずっとそう思ってきた

『精神運動発作』って『てんかん』の症状の一種だよね(苦笑)

なんて脳天気なばついち女

自分の病気について調べる事すらしなかったのである

子供にツラい気持ちを味わわせたくない親心から詳しい医師の説明などを伝えない

これ一理あります

まぁ我が家では

『てんかん』は恥じるべき病だからという親心だったワケなのだが(プッ)

病気の事を話さないってのは間違いだと思います

本人のためを思うなら

病気とキチンと向き合う事を話すべきだと思います

親子で病気と向き合うべきだと思います



ばついち女の気ままなライフスタイル 側頭葉てんかんを乗り越えて〜


イクヨクルヨ


- comments(0)
Date 2014.07.24 Thursday...20:09
Title 天ぷらは無理です!

『キス』をいただいたんですよね…

ウフッ

『てんかん代表女』なぁ〜んて代名詞いただいた私にも

出会いってあるんですよ(威張り)

ばついち女の気ままなライフスタイル 側頭葉てんかんを乗り越えて〜

↑↑↑
その話しはこちら

てんかんママの『天ぷら』

人によっては大変です

料理中の強迫観念

『天ぷら』中に強迫観念がおきるって怖い事なんですよ

『天ぷら』を作る時はいつも実家に帰るばついち女

天ぷら鍋と自分の病気と向き合います

『てんかん』って一概には括れませんよね?

病は自分の個性

だけどこの病気ってちょっと厄介な病気だと思います(苦笑)

もう一度病気と向き合ってみませんか?





ガッツリ・スタミナ飯、夏バテ食特集
↑↑↑
夏を乗り切りましょう♪


てんかん comments(0)
Date 2014.07.17 Thursday...04:48
Title 食いしん坊万歳!


お中元のシーズンとなりました

てんかんママにとっては頭の痛い時期ですよね

勝手に決めつける女

ちょっとお手軽にお中元のご紹介をしたいと思うのだ(ふふふ)

心優しき配慮というモノかしら?

単なる暇つぶし



↑↑↑↑↑
私が貰って一番嬉しい品です(極上のスマイル)
一番無難だと思うのがこれです!




てんかん comments(0)
Date 2014.07.16 Wednesday...02:04
Title てんかんママの夏バテ

日々暑さが増してまいりますが…

いかがお過ごしでしょうか?

我が家はね…

昨年まではエアコンなしの生活だったんです(苦笑)

私って夏に強いんです

汗だくで生活しても平気な人なんですよ

でも今年はダメ

ちょっと体調悪いみたいで…

夏バテ気味だったんです(過去系)

だからエアコンです(プッ)

てんかんママに対する息子の気遣いなんです

ありがたく受けとめています


ガッツリ・スタミナ飯、夏バテ食特集
↑↑↑
夏を乗り切りましょう♪



- comments(0)
Date 2014.07.12 Saturday...03:02
Title 『てんかん』と子育て
『てんかん』を持つ子供を育てる

『てんかん』を持ちながら子供を育てる

どちらも大変な事だと思います

私は『てんかん』を持ち…

2人目を妊娠中離婚というハンディを持ちながら子供を育てました

まぁ妊娠中離婚というのは無謀な選択だったのですがね

年子を1人で育てる

実家暮らしとはいえそりゃあ大変な事でしたよ

病院へ行く時はおんぶに抱っこ

幸い当時の発作は軽かったので助かりましたが…

今考えると自分を誉めてやりたい

しみじみ思います

決して容易な事ではありません

だけど母親が頑張らなきゃいけないんです

私達は母親なんです

それだけを考えて頑張りましょう


- comments(0)
Date 2014.01.30 Thursday...23:21
Title 病気はハンディの一つなんです


『てんかん』になって33年近くなります

その間『てんかん』だという事がわかった途端

『キショイ』

私が言われ続けてきた言葉でした

両親には言えず1人泣きました

病気を隠し好きになった人にだけ言う

『てんかん』だという事を人には知られたくなかった

親を恨んだ事は一度もありません

病気を恨みたくもなかった

でも……

何故私だけが?

悲観してばかりだったのは事実かもしれない

40歳の時付き合った人が私の運命を大きく変えたのです

『常に自分に自信を持って前向きに生きろ!』

『常に自信過剰なくらいに生きろ!』

そして…

『病気はハンディの一つさ!
人は皆いくつものハンディを背負って生きているんだと思う…
問題はそのハンディを乗り越える魅力があるかどうかじゃないか?』

私は『てんかん』なんだ

人前で堂々と胸をはって言えるようになったのはその時からです

恥じる事など何一つない

隠す必要もないのだ

病気は私のキャラなんだ

開き直りかもしれない

だが私は強くなれた

病気はハンディの一つなんです

それを乗り越えましょう


まとまりのない文章失礼しました




てんかん comments(0)
1/9 >>

Material:FOG.
qrcode