てんかんママの子育て奮闘記

てんかんになって30年…

病気は私の生きた証



プロフィール  カテゴリー  コメント  アーカイブ  リンク  その他
Date 2018.07.21 Saturday...
Title スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- -
Date 2011.07.02 Saturday...19:08
Title てんかん発症…その




『どうだった?』

てんかんじゃない事を祈りつつ電話する私

『てんかんだった… それ 聞いて、病院からの帰りに事故った 人に怪我をさせた』

息子の言葉に携帯を取り落としそうになる

遺伝してしまったのか

しっかりしてるとはいえ、やはりショックは大きかったか

私のせいだ

こぼれ落ちる涙を拭いながら

『ごめんなさい…』

小さく謝る

『おかんのせい違う!』

電話の向こうで否定する息子に首を振り、心の中で謝り続ける

電話を切ってからも

私のせいだ

私がてんかんだから

私の子供にさえ産まれなければ…

嗚咽をこらえきれず、泣き崩れる

息子に何もしてやれず

免許取得を取り上げ

与えたのはてんかんという厄介な病気だけ

最低の母親

てんかんを持つ母親は子供に遺伝した時

様々な感情と闘わなければならない





てんかんと子育て comments(1)
Date 2018.07.21 Saturday...
Title スポンサーサイト

- -

Comment
初めまして、私も15歳で突然てんかんを発症しました、現在17歳です。
遺伝性ではなく、身内に一人もてんかん患者はいません。
壊れた女さんに比べると軽い症状ですが、薬を飲み始めた時、合格した第一希望の全日制高校に通うのが難しくなり、現在は定時制に通っています
それなりにイジメや、好奇の目で見られることもありました(4月に起こった事故の影響を受け態度を変えた人もいました…)
ですが今は家族の協力と、自分に合う病院を見つけ薬も効き、自転車に乗れるくらい発作は減り始めました
免許・就職のことを考えると少し将来を悲観的に見てしまうこともありますが、壊れた女さんの生活を見るととても前向きになれました
今日も、これからも出来る限り毎日を健常者と変わらずに生きていきたいです。
てんかんだけど、私は産まれてよかったと思っています。
どうか、息子さんのてんかんに抗てんかん薬が効きますように…。
長々とすみませんでした。
高校生 2011.07.2011/07/13 13:06







Material:FOG.
qrcode